産経WEST

【高浜原発仮処分】再稼働阻む「司法の暴走」専門家批判 「人格権」盾に科学的考察せず

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【高浜原発仮処分】
再稼働阻む「司法の暴走」専門家批判 「人格権」盾に科学的考察せず

福井地裁決定と双方の主張 福井地裁決定と双方の主張

 再稼働に向けた手続きが進められていた関西電力高浜原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた14日の福井地裁(樋口英明裁判長)の仮処分決定は、専門的な知見に基づいて2基の安全性を認めた原子力規制委員会の行政判断を真っ向から否定した。樋口裁判長は昨年5月にも、大飯原発3、4号機の運転を差し止める判決を言い渡した。原発の運転差し止めを求める訴訟や仮処分申請は全国で相次いでおり、専門家からは「科学的議論を無視する司法の暴走だ」と批判の声も上がっている。

判断根拠は「人格権」

 「原発事故の危険性が万が一にもあれば差し止めが認められるのは当然だ」

 樋口裁判長は昨年5月の判決で、大飯3、4号機の再稼働を差し止めた理由をこう述べた。原発の安全性に関する判断には「必ずしも高度の専門的な知識を要するものではない」とも言及。生命や身体、名誉など個人が生活する上で保護されるべき権利を指す「人格権」を根拠に、原発のゼロリスクの証明を迫った。

 今回の仮処分決定も基本的な判断の枠組みは同じだが、さらに踏み込んだ。新規制基準について「深刻な災害を起こす恐れが万が一にもないといえるような厳格な内容を備えているべきだ」と指摘。「緩やかにすぎ、合理性を欠く」とまで言い切った。

最高裁を踏襲せず…「積み上げた科学的議論を先入観で」「机上で書面を読むだけ」

このニュースの写真

  • 再稼働阻む「司法の暴走」専門家批判 「人格権」盾に科学的考察せず

「産経WEST」のランキング