産経WEST

【謎の「油」】「孫太郎(まごたろう)稲荷」に液体 世界遺産・薬師寺内 同一犯か

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【謎の「油」】
「孫太郎(まごたろう)稲荷」に液体 世界遺産・薬師寺内 同一犯か

被害を受けた薬師寺孫太郎稲荷神社。賽銭箱の後の社殿の上がり口の階段にしみのようなあとが付いている=奈良市、薬師寺

 奈良や京都の寺社などに油のような液体が相次いでまかれた事件で、奈良県警は13日、奈良市の世界遺産・薬師寺の南門近くにある薬師寺孫太郎(まごたろう)稲荷神社の社殿の階段に、油のようなものがかけられた痕跡が見つかったと発表した。県警は同一犯の可能性もあるとみて、建造物損壊容疑で調べている。

 県警によると同日午前10時5分ごろ、警戒のため境内を巡回中だった警察官が発見。木製の階段の1段目と2段目に数滴の痕跡があったという。

 寺社などに液体がかけられる事件は今月4日以降に発覚し、奈良県内ではこれまでに、東大寺や唐招提寺、金峯山寺など計18の寺社で被害が見つかっている。

このニュースの写真

  • 「孫太郎(まごたろう)稲荷」に液体 世界遺産・薬師寺内 同一犯か
  • 「孫太郎(まごたろう)稲荷」に液体 世界遺産・薬師寺内 同一犯か

「産経WEST」のランキング