産経WEST

【衝撃事件の核心】自ら命を絶つオレオレ詐欺被害者のもう一つの悲劇 「なぜだまされた」家族から責められ自責、孤独、苦悩

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
自ら命を絶つオレオレ詐欺被害者のもう一つの悲劇 「なぜだまされた」家族から責められ自責、孤独、苦悩

オレオレ詐欺に遭い自殺した人の遺族から多くの相談を受ける篠原鋭一さん=千葉県成田市

 「だました人間より、だまされた俺の方が悪いのか」。ある男性はこう言い残し、自ら命を絶った。昨年、全国で約559億4千万円の被害があった特殊詐欺。ニュースで報じられるのは被害金額の大きさがほとんどだが、その陰で、被害者が自殺するという悲劇が起きている。千葉県成田市にある曹洞宗の寺院「長寿院」。住職でNPO法人「自殺防止ネットワーク風」理事長の篠原鋭一さん(70)の元には、特殊詐欺の一つのオレオレ詐欺の被害に遭い、親族が自殺した近畿や関東など全国の遺族から電話がかかってくる。遺族の話から浮かび上がるのは、オレオレ詐欺の被害者が置かれた厳しい状況。自殺する大きな理由は、金銭的な問題ではなく、親族に詰問されたことがきっかけだという。「家族なのに責めてしまった」「おばあちゃんは犯罪者じゃないのに…」。罪の意識にさいなまれる遺族もまた、苦しんでいる。

自殺相談、ここ数年で急増

 電話口の女性は「夫の後を追います」と何度も繰り返していた。

 4月の初め、長寿院に電話をかけてきたのは、近畿地方の30代の女性だった。篠原さんが電話を取ると、女性は「夫をかたるオレオレ詐欺で、250万円をだまし取られた」と語り始めた。

 「会社のお金を落とした。すぐに入金しなければ会社を辞めなければならない。何とか都合してくれ」

 〝夫〟の言葉を信じた女性は両親に頼み込み、現金を工面してもらった。だが、詐欺だった。両親は「気持ちに緩みがあるからこういう詐欺に引っかかるんだ」と女性をなじった。

このニュースの写真

  • 自ら命を絶つオレオレ詐欺被害者のもう一つの悲劇 「なぜだまされた」家族から責められ自責、孤独、苦悩

関連トピックス

「産経WEST」のランキング