産経WEST

大阪の猫まつり「ねこふん」各地で開催…19日から大阪市内の猫好きギャラリー競演

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪の猫まつり「ねこふん」各地で開催…19日から大阪市内の猫好きギャラリー競演

「猫ふんじゃったなギャラリーたち」のガイド冊子の表紙を飾る猫のクー

 複数のギャラリーなどが、「猫」をテーマに合同開催する恒例のアートイベント「猫ふんじゃったなギャラリーたち」(愛称ねこふん)が、19日から5月31日まで「10W(テンワット)ギャラリー」(大阪市中央区)など大阪市内の23カ所で開かれる。

 「ねこふん」開催のきっかけは13年前、10Wギャラリーの飼い猫クーが、“ギャラリー猫”として訪れた人の人気者になったこと。遊び心で猫に特化した展示を企画したところ反響を呼び、ほかの猫好きのギャラリーにも声をかけ、企画展の同時開催がスタート。賛同者が増えた平成21年からは“大阪の猫まつり”と銘打っている。

 7回目の今年は、10Wギャラリーをはじめ、淀川区の猫喫茶「猫の箱」、天王寺区の「ナノギャラリー」など市内23カ所で24の企画展示を実施。300人以上の作家が参加し、絵画や、書、写真、雑貨、アクセサリー、文具など多彩な猫アートを約1カ月半にわたって順次展示する。開催場所や日時は、10Wギャラリーのブログ(winfo.exblog.jp/)に掲載。

「産経WEST」のランキング