産経WEST

【謎の「油」】二条城・二の丸御殿の液体は「機械油」とほぼ特定 東大寺などと別種か

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【謎の「油」】
二条城・二の丸御殿の液体は「機械油」とほぼ特定 東大寺などと別種か

油のようなものがまかれていた二条城の二の丸御殿内(二条城提供)

 全国の寺社などに油のような液体が相次いでまかれた事件で、「二の丸御殿」(国宝)が被害を受けた京都市中京区の二条城を管理する京都市元離宮二条城事務所が、専門家の調査で臭いや外観などから液体は「機械油」とほぼ特定したことが11日、分かった。奈良市の世界遺産・東大寺の大仏殿(国宝)や奈良県桜井市の国宝・長谷寺本堂(国宝)でまかれた液体の跡からは、甘い香料のような臭いがしたといい、別種類の可能性が高い。

 二条城では、3月9日から20日にかけ、廊下など19カ所のうち被害の大きかった8カ所で油の除去を実施した。文化財のため木材を削り取ることはできないため、筆で油染みのある箇所に溶剤を塗り、溶け出した油を紙に染み込ませる作業を繰り返した。今月中にも残る11カ所の修理に着手する予定。費用は総額で80万円程度かかるという。事務所の担当者は「なんとか元に戻りそうなので、ほっとしている」と話した。

「産経WEST」のランキング