産経WEST

国宝・彦根城のサクラがピンチ! 樹勢衰え景観悪化 対策乗り出す彦根市  

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


国宝・彦根城のサクラがピンチ! 樹勢衰え景観悪化 対策乗り出す彦根市  

市民グループ「ひこね桜守」によって肥料がまかれたサクラには、注意を喚起するプレートがある=滋賀県彦根市の彦根城

 行楽客でにぎわう滋賀県彦根市の国宝・彦根城で目立つサクラの衰えに、市が頭を悩ませている。約1200本の大半は樹齢80年を超え、幹が割れたり、樹皮にコケが付いたりして景観が悪化。若木に植え替えたいところだが、国特別史跡での「現状変更」は文化財保護法に抵触するため、抜本的な対策も打てない。「文化財」と「憩いの場」の両面を持つ観光スポットだけに、市は専門家から意見を聞きながら保存管理計画の見直しを進めており、今年度中の改定を目指す。

 近畿有数の花見の名所としてにぎわう彦根城だが、約1200本のソメイヨシノのうち、大半が昭和10年頃までに植樹され、80年以上が経過。幹に割れ目が生じたり、コケや菌が付着したりと、樹勢の衰えた老木が目立つ。ボランティア団体「ひこね桜守(さくらもり)」などが、花見時期前後に肥料をやっているが、会員の高齢化で活動可能な人数が減り、肥料をやれるのは毎年200~300本程度だ。

 また、一帯は国特別史跡のため、老いたサクラを若木に植え替えるのは「現状変更」に当たり、文化財保護法に抵触する。特別な手続きが必要で、市は抜本的な対応ができずにいる。

「産経WEST」のランキング