産経WEST

【関西の議論】「キングオブ害獣」シカを食べて駆除 ジビエブームに乗じて食害防止新施策 兵庫県

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
「キングオブ害獣」シカを食べて駆除 ジビエブームに乗じて食害防止新施策 兵庫県

兵庫県内で目撃された夜間に活動するシカ(兵庫県森林動物研究センター提供)

 畑を荒らす害獣として、農業関係者から目の敵にされるシカ。全国で被害が深刻化しており、耕作放棄に至る事例もあるほどだ。一方で、シカ肉は低脂肪で高タンパク質と、狩猟で捕獲された野生の鳥獣を使ったジビエ料理の高級食材として見直されており、その人気は高まっている。そこに目を付けたのが兵庫県だ。県域の大半を山間部で占め、シカの食害が深刻な同県は、「増え続けるシカを食べて駆除してしまおう」と今年度当初予算案に約3700万円を計上し、シカ肉の積極活用を後押しすることを決めた。ただ駆除するだけではなく、その肉を有効活用して食害被害を食い止めたいとする県側の思惑の結末はいかに-。(三宅令)

猟師志望の若者急増

 農林水産省の統計では、シカによる農作物被害額は約82億円(平成24年度)。兵庫県でも、野生鳥獣による農作物被害額7億9400万円(25年度)のうち、シカは約4割の3億327万円を占め、「キングオブ害獣」の名をほしいままにしている。

 県内の自治体は防護柵や網を設置して被害の防止に努める一方、捕獲報償費を支給、年間約3万5千頭を目標に捕獲を続けている。

 捕獲頭数の維持には猟師の確保が必要不可欠だ。県猟友会員は3194人(25年度)。近年は高齢化の影響などで会員数は減少傾向にあったが、県内の猟友会支部などで野生動物の食害やジビエ料理の講習会を開いたところ、猟師志望の若者が急増。昨年は643人(前年比358人増)が狩猟免許を取得した。

 県猟友会の西川義丈会長(70)は「昔は趣味で狩猟をしていた人が多かったが、最近では野生動物による農作物被害の防止や、ジビエ料理に興味を持って猟師を志す人が増えた」と話す。

このニュースの写真

  • 「キングオブ害獣」シカを食べて駆除 ジビエブームに乗じて食害防止新施策 兵庫県

「産経WEST」のランキング