産経WEST

薬の「プロ」が闇へ転落…危険ドラッグ輸入の薬剤師逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


薬の「プロ」が闇へ転落…危険ドラッグ輸入の薬剤師逮捕

河原康平被告の自宅から押収された危険ドラッグの粉末や吸引器具=7日午後、大阪市中央区

 危険ドラッグを密輸したなどとして、近畿厚生局麻薬取締部は7日、医薬品医療機器法違反(指定薬物の輸入、使用)容疑で奈良市法華寺町、薬剤師、河原康平容疑者(39)を逮捕したと発表した。容疑を認め、「気分が落ち込んだときに使っていた」と供述しているという。

 同取締部によると、河原容疑者が服用していた向精神薬が規制により処方されなくなったため、化学構造が似ていたり、同じような作用を及ぼしたりする危険ドラッグを輸入していたという。同取締部は河原容疑者が薬剤師の知識を悪用して輸入を繰り返していたとみている。

 同取締部は、今年2月に英国のインターネットサイトで購入した危険ドラッグ粉末計約10グラムを国際宅配貨物で輸入したとして、同月19日に河原容疑者を逮捕。別の密輸や使用の容疑で3月17日に再逮捕した。大阪地検は同法違反罪で河原容疑者を起訴している。

「産経WEST」のランキング