産経WEST

京都・清水寺 1200年の歴史描いた平成縁起絵巻を奉納

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


京都・清水寺 1200年の歴史描いた平成縁起絵巻を奉納

清水寺に奉納された絵巻物の一部(全9巻中の5巻)が報道陣に公開された=6日午前、京都市東山区の清水寺(志儀駒貴撮影)

 清水寺(京都市東山区)で6日、同寺の宝亀9(778)年の開創から現在の大規模修理までの歴史約1200年を描いた「清水寺平成縁起絵巻」の奉納が行われた。

 絵巻は日本画家で京都嵯峨芸術大学名誉教授の箱崎睦昌さん(68)が約10年の歳月をかけて制作し、全9巻、全長約65メートルに及ぶ。応仁の乱など激動の歴史が絹に丁寧に描かれている。ほかに、清水寺の歴史を描いたものでは、室町時代に土佐光信が描いた「清水寺縁起絵巻」(重要文化財)があり、東京国立博物館所蔵。

 箱崎さんは保存のために裏からも彩色する「裏彩色(うらざいしき)」を用いたといい「時代考証が難しかった。100年、200年と残ってもらえたら」と語った。25日から5月13日まで一般公開される。 

「産経WEST」のランキング