産経WEST

原付免許証を細工→レンタカー借りる 容疑で17歳高校生逮捕 京都府警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


原付免許証を細工→レンタカー借りる 容疑で17歳高校生逮捕 京都府警

 原付の運転免許証に細工して普通車を運転できると装い、レンタカーを借りたとして、京都府警亀岡署は4日、変造有印公文書行使の疑いで、大阪市平野区の高校3年の男子生徒(17)を逮捕した。同署によると容疑を認めており「ピンセットで自分の免許証を削った」と供述している。

 逮捕容疑は4月3日、大阪市東住吉区のレンタカー会社事務所で、運転できる車両の種類の表記を削った原付の運転免許証を示し、普通貨物車1台を借りたとしている。

 亀岡署によると、男子生徒はレンタカー会社に「満18歳」などと書かれた大阪府公安委員会の偽造証明書も提示。実際は17歳で普通車の運転免許を取得できないが、会社側は気づかずに車を貸したという。

 男子生徒は3月24日にもレンタカーを借り、京都府内の中古車販売業者を訪問。大阪府警機動捜査隊の隊員を名乗って「非番の時に運転技術を磨くため、捜査車両に似せた車を作ってほしい」と依頼しており、不審に思った業者が亀岡署に相談していた。

 4月3日に再度訪れたところを、業者からの通報を受けた同署員が任意同行。軽犯罪法違反(官名詐称)容疑で事情聴取する過程で、免許証の変造が発覚したという。

「産経WEST」のランキング