産経WEST

姫路城の「白」と夜桜の「淡紅」共演 大にぎわい

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


姫路城の「白」と夜桜の「淡紅」共演 大にぎわい

姫路城大天守前の三の丸公園で夜桜を楽しむ市民ら=姫路市本町

 3月27日にグランドオープンした世界文化遺産・国宝の姫路城(兵庫県姫路市)でソメイヨシノが見ごろを迎えた。神戸地方気象台によると、31日の姫路市は最高気温が22・4度と今年一番の温かさ。5月上旬ごろの陽気に誘われ、多くの市民が夜桜見物を楽しんだ。

 「日本さくら名所100選」にも選ばれている城内は、平成の大修理中、大天守が素屋根に覆われていたが、修理が終了した今年は城の白と桜の淡紅色の共演が楽しめる。

 4月4日には恒例の姫路城観桜会が行われる。今年はグランドオープンと第30回を迎える観桜会を記念し、祝賀イベントも行われる。雨天は翌5日に順延。問い合わせは市観光交流推進室((電)079・287・3652)。 

「産経WEST」のランキング