産経WEST

SLやまぐち号に「古くて新しい客車」導入へ SL全盛期の旧型客車をほぼ復刻

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


SLやまぐち号に「古くて新しい客車」導入へ SL全盛期の旧型客車をほぼ復刻

旧1等展望車「マイテ49」をモデルにした新型車両の客室のイメージ(JR西日本提供)

 JR西日本は30日、蒸気機関車(SL)が牽引(けんいん)する山口線の人気列車「SLやまぐち」号に旧型客車をほぼ完全復刻した新型車両(5両編成)を導入すると発表した。平成29年9月からの運行を予定している。

 蒸気機関車全盛期に特急「富士」などで活躍した旧1等展望車などを忠実に再現する一方、温水洗浄便座やベビーカー置き場なども設置。JR西の担当者は「戦前の古い客車をほぼ完全に復刻しつつ、バリアフリーに対応し、現代に求められる快適性も確保する」と話している。

 グリーン車として使われる車両(定員約20人)は旧1等展望車のマイテ49がモデル。展望デッキに出てSLの音や煙を体感できる。

 マイテ49はかつてSLやまぐち号にも連結されていたが、老朽化のため復刻版の車両を新製することにした。車内もなるべく再現し、「蘇芳(すおう)色」と呼ばれる黒みを帯びた赤色のシートなども復刻する予定だ。

 普通車は旧3等客車のオハ31やオハ35をモデルにした。戦前を代表するオハ31は、明かり取りのための二重屋根構造(ダブルルーフ)と小さな窓が特徴。オハ35は緩やかな弧を描く丸屋根構造が特徴という。

 SLやまぐち号は3~11月の週末を中心に、山口線の新山口(山口市)-津和野(島根県津和野町)間を走行。旧型客車を復刻した新型車両のデビューに合わせて、新山口や地福(じふく)など一部停車駅の駅舎やホームを昭和初期のレトロ調に改修する。 

このニュースの写真

  • SLやまぐち号に「古くて新しい客車」導入へ SL全盛期の旧型客車をほぼ復刻
  • SLやまぐち号に「古くて新しい客車」導入へ SL全盛期の旧型客車をほぼ復刻
  • SLやまぐち号に「古くて新しい客車」導入へ SL全盛期の旧型客車をほぼ復刻
  • SLやまぐち号に「古くて新しい客車」導入へ SL全盛期の旧型客車をほぼ復刻

「産経WEST」のランキング