産経WEST

シャーロットさん「エリーが私を変えた」 玉山さんは“自爆”ネタ披露 「マッサン」最終回を見る会

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


シャーロットさん「エリーが私を変えた」 玉山さんは“自爆”ネタ披露 「マッサン」最終回を見る会

最終回放送後、ドラマを振り返るマッサン役の玉山鉄二さん(左から2番目)ら

 NHK連続テレビ小説「マッサン」の最終回が放送された28日、大阪市の中央公会堂で「最終回を見る会」が開かれた。約15倍の難関をくぐり抜けた約800人がドラマのエンディングを見守った。

 最終回を見る会は午後0時45分の放送に合わせて開催。放送終了後には、マッサン役の玉山鉄二さん(34)とエリー役のシャーロット・ケイト・フォックスさん(29)、キャサリン役の濱田マリさん(46)、鴨居英一郎役の浅香航大さん(22)が登壇、ドラマを振り返った。

 舞台袖で最終回を見ていたという玉山さんは「撮影中の楽しいことだったり、苦しかったことだったり、エリーとかわした笑顔のことなど、いろいろ思い出しました」と語った。シャーロットさんは「はじめの頃は皆さんの前に座っていられるなんて思いもしなかった。(朝ドラの)史上初のことばかりだったので。この物語が成功したのは共演者とここにいる皆さんのおかげ」と声を詰まらせながら語った。

このニュースの写真

  • シャーロットさん「エリーが私を変えた」 玉山さんは“自爆”ネタ披露 「マッサン」最終回を見る会

「産経WEST」のランキング