産経WEST

【戦後70年】「大和の科学技術は戦後花開く」 広島・大和ミュージアムの相原さん講演

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【戦後70年】
「大和の科学技術は戦後花開く」 広島・大和ミュージアムの相原さん講演

昭和16年に撮影された戦艦大和(大和ミュージアム提供)

 戦後70年の節目に平和の大切さを学んでもらおうと、特別企画「零戦(れいせん)と戦艦大和講演会」(産経新聞社など主催)が27日、大阪市北区の市中央公会堂で開かれた。広島県呉市の大和ミュージアム統括、相原謙次さん(60)が、戦艦大和の造られた経緯などについて、資料を示しながら講演。「大和に結集された技術は戦後さまざまな分野で花開き、高度経済成長を支えた。志を持って日本を守ろうとした技術者や乗組員の思いを後世まで伝えたい」と訴えた。

 相原さんのほか、戦闘機「零戦」と「紫電改」の元パイロット、笠井智一さん(89)=兵庫県伊丹市=が講演した。

 相原さんは、呉市が軍艦製造の中心地として栄えた歴史をスクリーンで写真を示しながら解説。「資金力の豊富なアメリカの戦艦よりも、大和の主砲は大きかった。水平線に敵艦のマストが見えれば、距離を計測して正確に各砲塔から42キロ先まで砲撃できた」と大和の高い技術力を強調した。

 九州沖に沈む大和の調査など、元乗組員らの活動についても紹介。昭和60年に、船首にある菊の紋章を発見した際の映像など貴重な資料も示した。

このニュースの写真

  • 「大和の科学技術は戦後花開く」 広島・大和ミュージアムの相原さん講演

「産経WEST」のランキング