産経WEST

【ビジネスの裏側】ノンアル特許めぐるサントリー、アサヒの法廷闘争…成長市場の首位かけた全面対決

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
ノンアル特許めぐるサントリー、アサヒの法廷闘争…成長市場の首位かけた全面対決

サントリーのノンアルコールビール「オールフリー」(右)とアサヒビールの「ドライゼロ」

 アルコール度数ゼロのビール風味飲料、ノンアルコールビールをめぐりサントリーホールディングス(HD)とアサヒビールが法廷闘争に入った。サントリーが自社の特許が侵害されたとして、アサヒを東京地裁に提訴すると、10日の第1回口頭弁論ではアサヒ側が「既存品から容易に発明できる」と特許自体の無効を主張した。ビール系飲料の市場が縮小するなか、酒税がかからず収益性の高いノンアルは新たな稼ぎ頭として期待が大きい。それだけに業界1、2位が引くに引けない全面対決に突入した格好だ。(中村智隆)

 言い分は平行線

 サントリーが特許を取得したのは平成25年10月。自社のノンアル「オールフリー」の成分を工夫し、エキス分や糖質、酸性・アルカリ性の程度を示すpHなどを一定の範囲内にすることで、アルコール度数がゼロでも飲み応えがでる製法を確立したとして、満を持して申請していた。

 その上で、ライバル、アサヒが同年9月にリニューアルしたノンアル「ドライゼロ」の成分を調べたところ、特許の範囲内にあることが判明したという。そしてアサヒに対し「特許を侵害するのではないか」と迫った。

 その後、サントリーがアサヒ側に成分の見直しを求める一方で、アサヒは特許自体が無効と主張。面談や書面を通してやりとりを繰り返したが、歩み寄ることはなく、結局、今年1月中旬にサントリーがドライゼロの製造と販売の差し止めを求めて提訴した。

実は両社でなく「キリンフリー」が開拓…若者アルコール離れ、首位サントリーが…

「産経WEST」のランキング