産経WEST

【衝撃事件の核心】卑劣ひき逃げでっち上げ犯 被害者役と目撃者役の2人一組 計算し尽くした「場所」「演出」「狙い」の巧妙手口

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
卑劣ひき逃げでっち上げ犯 被害者役と目撃者役の2人一組 計算し尽くした「場所」「演出」「狙い」の巧妙手口

2人一組で「被害者」と「目撃者」を演じ、「ひき逃げ事件」をでっち上げる詐欺犯の手口

 「あなたさっき、人をはねましたよ」。車を運転していて突然こう告げられたら、どうだろうか。身に覚えがなくても、うろたえてしまうかもしれない。ましてや、それが「ひき逃げしたでしょう」という追及だったとしたら…。そんな心のすきをついた悪質な「当たり屋」の犯行が発覚した。大阪府警吹田署は3月3日、2人一組で被害者役と目撃者役を演じて「ひき逃げ事件」をでっちあげ、時計が壊れたなどと偽って現金をだまし取ったとして、詐欺容疑などで「被害者役」を演じた大阪府摂津市内の無職男(23)と「目撃者役」だった同府吹田市内の男子大学生(23)を逮捕、送検したと発表した。府警の捜査員は「悪質かつ巧妙」と指弾。その理由は、用意周到で計算された2人の手口にあった。

「自分、ひき逃げやで」

 平成26年8月31日午前0時25分ごろ。大阪府吹田市垂水町の狭い一方通行の道路で、同市在住の男性会社員(35)は赤信号のため車を止めた。すると、1人の男が車に近寄ってきた。

 「自分、ひき逃げやで」

 「被害者」という男はこう告げると、さらに付け加えた。

 「警察呼んだらやばいやろ」

 「被害者」はおもむろに腕時計を取り出す。文字盤のガラスが割れている。

 「この時計は定価で買ったら120万円もする。おれは75万円で買ったけどな。すぐに金を払うなら75万円でこの件は済ますけど、払われへんのやったら、警察呼ぶか、120万円払うか、どっちかやで」

 これだけなら、単なる言いがかりだと冷静に受け流せたかもしれない。しかし、ここでもう1人の男が登場する。現場道路で車を止めて車内にいたという「目撃者」だ。

このニュースの写真

  • 卑劣ひき逃げでっち上げ犯 被害者役と目撃者役の2人一組 計算し尽くした「場所」「演出」「狙い」の巧妙手口

関連トピックス

「産経WEST」のランキング