産経WEST

「迷惑」→「マナー」に 京都市議会が修正条例案可決 動物愛好家に配慮

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「迷惑」→「マナー」に 京都市議会が修正条例案可決 動物愛好家に配慮

 無責任に野良猫にエサを与えることなどを禁じる京都市の「動物による迷惑等の防止に関する条例案」について、市議会は20日の本会議で、条例案の名称を「動物との共生に向けたマナー等に関する条例」に改称し修正可決した。また、周知期間が必要だとして、施行日を4月1日から7月1日に延期。罰則は原案通り10月1日から施行する。

 「迷惑」の言葉が動物愛好家らの誤解を招くとして、名称を変えた修正案を自民が提出。自民、民主などの賛成多数で可決した。

 自民市議は修正案の提案理由を「動物が迷惑をかけてしまうような印象を与えるため、京都動物愛護憲章に掲げている本来の趣旨の『共生』を前面に打ち出した」と説明した。

「産経WEST」のランキング