産経WEST

【陸上】地元で世界記録樹立の鈴木「五輪金メダルが一番の目標」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【陸上】
地元で世界記録樹立の鈴木「五輪金メダルが一番の目標」

陸上の全日本競歩能美大会男子20キロで、1時間16分36秒の世界記録でゴールする鈴木雄介=15日、石川県能美市(北國新聞社提供)

 競歩の注目度を高めるためにも、今後は世界大会で結果を出すことが重要になる。「一番の目標は五輪で金メダルを取ること」。歩く第一人者として、その思いは人一倍強い。

 1988年1月2日生まれ、石川県出身。小松高時代に全国高校総体の1万メートル競歩で優勝。順大に進学し、富士通に入社。2011年世界選手権大邱大会の20キロ競歩で8位に入賞。12年ロンドン五輪は36位とふるわなかったが、昨秋のアジア大会は銀メダルを獲得した。170センチ、57キロ。

「産経WEST」のランキング