産経WEST

【パワハラ教育長辞職会見詳報(2)】「辞職を決断したのは今日」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【パワハラ教育長辞職会見詳報(2)】
「辞職を決断したのは今日」

 《任命権者の松井一郎知事との辞任についてのやりとりを明かした》

 --松井知事に辞職について話はしたのか

 「昨日の夜、そういう意志を固めるかもしれないという話はいたしました」

 --それはどういう場か 「電話で」

 --知事は何と

 「『最後は中原に任せる』と話をいただいた。今日知事は登庁していないので、(辞職願は)先ほど代理の方に渡しました」

 《報告書の内容について話が及ぶと、弁護士らしい中原氏の反論が次々と飛び出した》

 --職員4人に対してのパワハラが認定されているが、不可解なところがあると述べていた。第三者委員会の調査は、目撃者の証言も盛り込んでいるので、中原氏はみなさんが嘘を言っていると考えているのか

 「嘘を言ってるとか、事実でないことを言ってるのかは私にはわかりません。あまり細かい事実について、今、申し上げる場面ではない。しかるべき場面があればきっちり話しますけれど、一つ言えるのは、(パワハラ問題の)それぞれの案件で、(被害者とされる職員らが)お互いに証人になっている。かつ1人、ほぼすべての案件で証人になっている人がいる。その方の利害関係であるとか、あるいはそういった証言の信憑性(しんぴょうせい)っていうものは、通常は証人尋問、反対尋問の中で(問いただす)機会があるが、今回の第三者委員会では、そういう機会がなかった。私としては自分の中では真実が反映されていないと、個人として認識している」

「産経WEST」のランキング