産経WEST

「マッサン」ロケで有名に 奈良・田原本町の礼拝堂、内部を住民に公開

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「マッサン」ロケで有名に 奈良・田原本町の礼拝堂、内部を住民に公開

公開された礼拝堂の内部。町民らは牧師の説明を聞いた=田原本町

 NHKの連続テレビ小説「マッサン」のロケに使われた奈良県田原本町の日本聖公会田原本聖救主教会の礼拝堂(昭和8年建築)の内部が10日、町民らに公開された。町民でも内部を見るのは初めての人が多く、興味深そうに見学していた。

 礼拝堂は町役場の南側にある木造平屋建ての小さな建物。ほぼ建築当時のままで、戦前の雰囲気をよく残している。マッサンの妻、エリーらが子供たちに歌を教える場面などのロケに使われて有名になり、この日、町観光協会などが開いた「田原本ふるさと歴史探訪ハイク」で公開された。

 約100人の参加者はロケの様子などを牧師の大岡創(はじめ)さん(60)から聞き、建物内部を見学。同町の主婦、北浦佐多子さん(72)は「ガラス窓なども当時のままで、すばらしい建物。今後、もっと活用してほしい」と話していた。

「産経WEST」のランキング