産経WEST

姫路城内で「Wi-Fi(ワイファイ)」サービス開始

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


姫路城内で「Wi-Fi(ワイファイ)」サービス開始

姫路城内でのWi-Fiサービスの利用可能エリアで掲げられているシンボルマーク入りステッカーのデザイン

 27日のグランドオープンに向けて、姫路城(兵庫県姫路市)内でインターネットの接続環境を整え、外国人観光客のおもてなしを向上しようと、姫路市は6日から、インターネットに接続できる無料公衆無線LAN「Wi-Fi(ワイファイ)」のサービスを外国人観光客向けに始めた。分かりやすいよう城内15カ所にシンボルマークのステッカーを貼り、案内している。

 このサービスは、スマートフォンなどの端末から専用画面上でメールアドレスを入力すれば、無料でワイファイインターネットを利用できる。

 アクセスポイント(接続拠点)は大手門や三の丸広場、改札前など城内の23カ所。スマートフォンなど個人向けモバイル情報端末の普及で旅行中の外国人観光客のインターネット接続環境へのニーズが高まっていることに合わせて市がNTT西日本が提供する公衆無線LANアクセスサービスを活用して整備した。

 市は今後、姫路城外の大手前公園や好古園、近隣の商店街などでも同様のサービスの提供を予定している。

「産経WEST」のランキング