産経WEST

下村氏の近畿支援組織トップ「届け出ると規制生じる」 近畿博友会

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


下村氏の近畿支援組織トップ「届け出ると規制生じる」 近畿博友会

下村博文文科相

 下村博文文部科学相をめぐる献金問題で、下村氏の支援組織の任意団体側が収支の公表を避けるため、政治団体の届け出を見送っていた疑いのあることが4日、分かった。全国にある任意団体の近畿組織にあたる「近畿博友会」会長の男性は、産経新聞の取材に対し「届け出ると(政治資金規正法上の)規制がかかる。収支を明らかにする必要が生じる」と無届けの理由を説明。「法的に問題はないが、届け出は今後の課題になる」と話した。

 「近畿博友会」は下村氏の支援組織「博友会」の一つで、男性は各地の博友会の活動を調整する任意団体「全国博友会」の世話役も務めている。

 男性は2月下旬に取材に応じた。各地の博友会の主な活動は、下村氏が出席する毎年1度のパーティーの開催。近畿博友会が平成25年に大阪市内で開いたパーティーには、参加者約100人が会費2万円を支払い、約200万円が集まった。男性は「パーティーの会費はすべて会場の支払いに充てており、赤字の時もある。利益を渡すことはない」と下村氏側への資金提供は否定した。

 また、男性は約30人が入会する近畿博友会の会費の取り扱いにも言及。「会費は年間12万円。各自が(下村氏が代表の)政党支部に支払っている」と話し、会費が政党支部への献金として処理されていることも認めた。

 規正法は政治団体を「特定の公職の候補者の推薦や支持などを本来の目的とする団体」と定義。収支の報告などを義務づけている。

「産経WEST」のランキング