産経WEST

「笑顔、眠る姿、寝返り…すべてが愛おしかった」…赤ちゃんマッサージ、遺族コメント全文

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「笑顔、眠る姿、寝返り…すべてが愛おしかった」…赤ちゃんマッサージ、遺族コメント全文

NPO法人の本部が置かれていた新潟県上越市の建物。マッサージと称して施術し、乳児を死亡させたとして代表の女が逮捕された=平成26年9月撮影

 生後4カ月の男児にマッサージのような施術をして死亡させたとする業務上過失致死容疑でNPO法人「子育て支援ひろばキッズスタディオン」理事長、姫川尚美容疑者(57)が大阪府警に逮捕された事件で、男児の遺族が4日、弁護士を通じてコメントを公表した。

  *  *  *

 私たちは昨年息子を授かり、すくすくと育つその姿に毎日癒され、励まされ過ごしていました。息子の笑顔、眠る姿、寝返りができるようになってうれしくてたまらない様子でキャッキャッとたてる笑い声や、泣き声も…そのすべてがいとおしく、かわいくてたまらない、私たちにとって希望そのものでした。この先も、成長を見つめていけるものだと信じていました。

 しかし、今回逮捕された姫川代表の施術により、わずか生後4カ月で息子を突然に失いました。一昨年の2月にも姫川代表の施術で赤ちゃんが亡くなったそうです。そのことを公表してくれていれば、息子をサロンに連れていくことは絶対にありませんでした。子供の身体に危険が及ぶ行為をする姫川代表やサロンを信用してしまった自分たちを責めない日はありません。事件から9カ月がたちますが、いまだに苦しみの中にいます。なぜ息子が死ななければならなかったのか、なぜ…と。

 子育てサロン、ベビーサロンは赤ちゃんと親たちが安心して過ごせる場所であり、安全なことのみが行われるものだと思っていました。ベビーマッサージなどの行為は無資格で広く行われていますが、私たち幼い子を持つ親にはそれが安全なものかどうかの判断がつきません。

「産経WEST」のランキング