産経WEST

艦首“菊の紋章”や機雷回避装置…「武蔵」原形で眠る可能性も 「発見した」とMS共同創業者ツイッター

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


艦首“菊の紋章”や機雷回避装置…「武蔵」原形で眠る可能性も 「発見した」とMS共同創業者ツイッター

「武蔵を発見した」とするポール・アレン氏のツイッター(https://twitter.com/PaulGAllen/)

 世界最大の戦艦「大和型」の2番艦として建造され、昭和19(1944)年10月にレイテ沖海戦でシブヤン海に沈んだ旧日本海軍の戦艦「武蔵」(全長263メートル、6万9100トン)ついに発見-。見つけたのは米ソフトウエア会社Microsoftの共同創業者ポール・アレン氏で、3日に自身のTwitterで発表した。

70年ぶり、写真に「開」と記されたバルブ…1番艦「大和」は爆沈、バラバラ

 アレン氏によると、武蔵を発見したのは同氏所有の豪華ヨット「オクトパス号」で、深海約1000メートルの地点で発見、艦首の菊の紋章や巨大な錨(いかり)も発見したとしている。アレン氏が公開した写真には、御紋章とみられる木製部品が写っているほか、艦首フェアリーダーやムアリングパイプ(いずれもロープや鎖を通す係船器具)、磁気機雷避けの舷側消磁電路などがみられ、別の写真では「開」などと記されたバルブがはっきりと確認できる。

 武蔵が沈んだレイテ沖海戦は、日本側では「捷一号作戦」と呼ばれる作戦。フィリピン周辺海域で1944年10月23日~25日にかけて日米海軍が激突した。海戦としてはシブヤン海海戦、サマール島沖海戦、スリガオ海峡海戦、エンガノ岬沖海戦の4つの局面からなる。瑞鶴などわずかに残った空母艦隊を囮(おとり)として米空母部隊を引きつけ、その間に戦艦部隊がレイテ湾に突入、米戦艦部隊と輸送船や上陸部隊を攻撃するというものだったが、いわゆる「栗田艦隊の謎の反転」でレイテ湾突入には至らず、空母艦隊は壊滅。戦艦部隊も武蔵が魚雷約20本、爆弾多数を受け沈没するなど損失が多く、この海戦以降、日本海軍は大規模かつ組織的作戦が不可能となった。

このニュースの写真

  • 艦首“菊の紋章”や機雷回避装置…「武蔵」原形で眠る可能性も 「発見した」とMS共同創業者ツイッター

「産経WEST」のランキング