産経WEST

【衝撃事件の核心】「和歌山小5男児刺殺事件」の深い闇…精神鑑定で刑事責任の有無焦点 一回りも年下の男児になぜ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「和歌山小5男児刺殺事件」の深い闇…精神鑑定で刑事責任の有無焦点 一回りも年下の男児になぜ

中村桜洲容疑者。両頬を膨らませる姿がしばしば見られた

 和歌山県紀の川市の閑静な住宅街で、小学5年生の男児が刺殺された事件。逮捕されたのは、近所に住む無職、中村桜洲(おうしゅう)容疑者(22)だった。当初は「殺していない。男の子を見たこともない」と容疑を否認していたが、「えらいことやってもうた」と関与を認める供述に一転。取り調べ中には独り言をつぶやくことも多く、犯行動機などについてはいまだに謎に包まれている。中村容疑者は2月23日から約3カ月間、事件当時の刑事責任能力を調べるための鑑定留置に入った。なぜ一回りも年下の男児を狙ったのか。(兵頭茜)

事件発生、閑静な住宅街に緊張が走る

 2月5日夕、和歌山県警本部に「岩出署管内で男の子が刺されたらしい」との一報が入ってきた。すぐに同署へ電話で確認すると、対応した署幹部がいつもとは違う口調で「紀の川市の後田(しれだ)というところで子供が刺された。犯人は凶器を持ったまま逃走している。それくらいしかまだわかっていない」と答えた。電話の向こうの慌ただしさから、事態の重大さがうかがえた。

 事件が発生したのは同日午後4時15分ごろ。住宅地の空き地で、近くに住む小学5年の森田都史(とし)君(11)が血を流して倒れているのを近隣住民が発見した。森田君を刺したとみられる不審な男を住民が目撃していた。

 県警は岩出署に捜査本部を設置。のどかな住宅街は一転して、警察車両や報道関係者がつめかけて騒々しくなった。

このニュースの写真

  • 「和歌山小5男児刺殺事件」の深い闇…精神鑑定で刑事責任の有無焦点 一回りも年下の男児になぜ
  • 「和歌山小5男児刺殺事件」の深い闇…精神鑑定で刑事責任の有無焦点 一回りも年下の男児になぜ
  • 「和歌山小5男児刺殺事件」の深い闇…精神鑑定で刑事責任の有無焦点 一回りも年下の男児になぜ

関連トピックス

「産経WEST」のランキング