産経WEST

【経済裏読み】「タクシーより快適」世界でお騒がせの「ウーバー」が新サービス…“摩擦”回避の新戦術とは

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【経済裏読み】
「タクシーより快適」世界でお騒がせの「ウーバー」が新サービス…“摩擦”回避の新戦術とは

 スマートフォンを活用した配車サービスで世界中で話題を集めている米ウーバーが、新事業に乗り出し注目を集めている。運転手と客が自動車をシェア(共有)する名目で配車する「ライドシェア」で、日本でも大学と組み試験運行を始めた。タクシー会社の反発や当局からの風当たりが強まる中、規制と摩擦を回避したい思惑のようだが、物議を醸しそうだ。

 運転手の評価も

 「すごい体験だ。知らないおじさんが迎えに来てくれた」、「便利で、普段乗るタクシーより快適」

 ウーバーが2月から福岡市周辺で始めたライドシェアを利用した客がブログなどでつづった感想だ。

 ライドシェアの仕組みはこうだ。まず、客がスマホの衛星利用測位システム(GPS)を活用したアプリで、近くで車を走行中の(ウーバーと提携している)一般のドライバーを探す。依頼を受けたドライバーは客を迎えに行き、目的地に運ぶ。支払いは通常クレジットカードで行うが、日本ではまだ試験運行中ということで無料。その代わり、ウーバーがドライバーに報酬を支払う。

 利用可能なエリアは福岡市、春日市、志免町、糟屋町の2市2町に限られ、乗車時間は60分以内、1週間に5回までという条件はあるが、冒頭に紹介したようにおおむね好評のようだ。

 ウーバーは、やはりスマホを活用してハイヤーを配車するサービスを世界規模で展開しているが、ライドシェアはあくまで個人同士が一般の自動車を共有するという建前をとっている。ただ、ウーバーもドライバーの採用にあたって運転履歴を審査し、レストランのように5段階の星で客が評価する制度を導入するなど、サービス向上に注意を払っているとしている。

「産経WEST」のランキング