産経WEST

【青年市長の汚職裁判】「はめられたんじゃ…」人口の4割“支援”の署名、異例の地元反応…5日判決、岐阜・美濃加茂市

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【青年市長の汚職裁判】
「はめられたんじゃ…」人口の4割“支援”の署名、異例の地元反応…5日判決、岐阜・美濃加茂市

岐阜県美濃加茂市の藤井浩人市長

 岐阜県美濃加茂市の浄水設備導入をめぐり事前収賄罪などに問われ公判中の市長、藤井浩人被告(30)が、5日の判決を前に産経新聞の取材に応じ「身の潔白は信じてほしい」と改めて無実を訴えた。汚職事件に絡んだ首長はこれまで、地元から痛烈な批判を浴びてきたが、今回は様相が異なる。藤井被告の逮捕・起訴後に行われた署名活動では、同市の人口約5万5千人のうち、2万人超の18歳以上の市民が市長続投や早期釈放を求めて署名。刑事被告人となった市長を支援するという異例の展開をたどっている。

贈賄側はすでに実刑

 名古屋から特急列車で約40分。製造業が盛んな岐阜県南部の町は昨年6月、現職市長の逮捕に揺れた。大学卒業後、学習塾経営を経て、平成22年の市議選でトップ当選した藤井被告は1期目途中で市長選に出馬。28歳で初当選を果たし「全国最年少市長誕生」と脚光を浴びた。

 贈賄側の会社社長は今年1月、藤井被告に現金計30万円を渡したとする贈賄罪や、金融機関から計6100万円の融資をだまし取ったとする詐欺罪などで懲役4年の実刑判決を受けた。

 会社社長は公判で、現金入りの封筒をはさんだファイルを差し出した際に藤井被告が小声で「すみません、助かります」と受け取ったと証言するなど現金授受の様子を詳述していた。

 しかし、藤井被告の主任弁護人、郷原信郎弁護士は「贈賄の虚偽の自白をしていると思っている。藤井市長が(現金授受は一切ないと)言っていることに全く嘘はない」と強調する。

市民「有罪になったらおかしい」

このニュースの写真

  • 「はめられたんじゃ…」人口の4割“支援”の署名、異例の地元反応…5日判決、岐阜・美濃加茂市

「産経WEST」のランキング