産経WEST

京の“底冷え”対策完了 京都・嵯峨野トロッコ列車に「だるまストーブ」あすから運行

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


京の“底冷え”対策完了 京都・嵯峨野トロッコ列車に「だるまストーブ」あすから運行

抹茶餡の焼き餅をほおばりながら暖まると招待客らとトロッコ列車のキャラクター「トロッキー」=京都市右京区

 冬季休業中の嵯峨野観光鉄道は28日、3月1日からの運行開始を前に、トロッコ列車内にだるま型石炭ストーブを設置し試乗会を行った。トロッコ列車は、京都・嵯峨野と亀岡間を約25分で結ぶ。これまで車内には暖房設備がなかったため、寒い時期の防寒対策が課題だった。

 ストーブは試験的に5両編成の4両目に設置。この日、トロッコ嵯峨駅を出発すると、乗客たちはさっそくストーブのまわりに集まっていた。京都市上京区の立命館大1年の山口恵(けい)新(しん)さん(19)は「石炭が燃える懐かしいような香りがして、暖かい」とほっこり顔だった。

 営業は3月1日~12月29日。ストーブは3月17日まで設置。その後、12月初旬にも導入を予定している。

このニュースの写真

  • 京の“底冷え”対策完了 京都・嵯峨野トロッコ列車に「だるまストーブ」あすから運行

「産経WEST」のランキング