産経WEST

アルコール検査で“替え玉” 高槻市営バス運転手2人を懲戒免職 監視カメラに一部始終

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


アルコール検査で“替え玉” 高槻市営バス運転手2人を懲戒免職 監視カメラに一部始終

 大阪府高槻市の市営バス営業所で、朝の点呼でアルコールの再検査を命じられた運転手に成り代わり、別の運転手が“替え玉”になっていたとして、市は25日、2人を懲戒解雇処分とした。検査をすり抜けた運転手はその後8時間にわたり運転しており、「『代わってやる』と声をかけられ、ついお願いしてしまった」と話しているという。

 市交通部によると、1月29日午前6時ごろ、緑が丘営業所の運転手(61)の呼気からアルコールが検知された。「直前に飲んだ栄養ドリンクが反応したと思う」と説明。道交法の酒気帯び運転の基準値を下回ったが、市バスの規定で再検査を命じられた。

 検査は運行管理者が対面チェックする規定だが、管理者が目を離したすきに別の運転手(65)が、検知器に息を吹き込んだ。この運転手は市の調査に「基準を超えると出勤停止処分になるので、かばうために自分の意思でやった」と説明したという。

 替え玉行為の噂を知った交通部が所内に設置された監視カメラの映像で確認した。

「産経WEST」のランキング