産経WEST

東淀川の府営住宅町会長殺人事件 容疑で元副会長を逮捕 大阪府警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


東淀川の府営住宅町会長殺人事件 容疑で元副会長を逮捕 大阪府警

 大阪市東淀川区西淡路の府営住宅で昨年5月、8階の住人で府営住宅の自治会長の大仲正文さん=当時(74)=が殺害された事件で、大仲さんに暴行を加えて殺害した疑いが強まったとして、大阪府警捜査1課は25日、殺人容疑で、同じ府営住宅の住人の自治会元副会長(69)を逮捕した。

 捜査関係者によると、元副会長は昨年5月19日、大仲さんの頭部を鈍器のようなもので殴りつけるなどして殺害した疑いが持たれている。

 元副会長は事件後、産経新聞の取材に応じており、「葬儀で大仲さんの顔を見たが、よくあんなに殴ったものだ。事件のときは食事で外出していたので詳しいことは分からない。(府営住宅に)帰ってきたときはすでに騒ぎになっていた」などと話していた。

 事件は同日夜、府営住宅の住人が、7階の廊下で血を流して倒れている大仲さんを発見。大仲さんは搬送後に死亡が確認された。司法解剖の結果、死因は失血死で、頭や顔に鈍器で殴られたような傷があった。

「産経WEST」のランキング