産経WEST

「爆買い」の勢い衰えず、チャイナマネーが関西席巻…百貨店や量販店で大幅売上増

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「爆買い」の勢い衰えず、チャイナマネーが関西席巻…百貨店や量販店で大幅売上増

中国人観光客らで混雑する免税カウンター=23日午後、大阪市中央区の高島屋大阪店(山田哲司撮影)

 中華圏の旧正月「春節」の連休(18~24日)で、関西の百貨店や量販店が中国人観光客向けの販売を大幅に伸ばした。中国の経済成長と円安を追い風にした巨額のチャイナ・マネーは、化粧品や温水洗浄便座など質の高い日本の製品に集中。混雑を避けて訪日する人も多いとされ、春節商戦はあと数日は続きそうだ。

 訪日外国人の間で人気のスポット、大阪・難波エリアにある高島屋大阪店(大阪市中央区)では、18日から22日までの5日間の免税売上高が、昨年の春節の連休の5日間に比べて約3・5倍と大きく伸びた。「時計などの高額品が売れている。複数回訪れる人もいる」という。

 日本一の超高層ビル「あべのハルカス」(同市阿倍野区)に入る近鉄百貨店本店も免税売上高が前年の春節の約5倍だった。昨年10月の免税品目の拡大を受け、「日本ブランドの化粧品などがよく売れている」(担当者)という。

 富裕層らの来店が目立ったのは、家電量販店のヨドバシカメラマルチメディア梅田(同市北区)。定番の炊飯器は8万~10万円台のモデルが人気なほか、温水洗浄便座にも関心が集まっているという。

このニュースの写真

  • 「爆買い」の勢い衰えず、チャイナマネーが関西席巻…百貨店や量販店で大幅売上増

「産経WEST」のランキング