産経WEST

【関西の議論】「美しい国」下から読むと「憎いし苦痛」 安倍首相〝口撃〟の元民主議員が自民入り 兵庫選出、和歌山所属の“怪”

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
「美しい国」下から読むと「憎いし苦痛」 安倍首相〝口撃〟の元民主議員が自民入り 兵庫選出、和歌山所属の“怪”

「理想は吉田茂」

 ようやく自民党入りを果たした山口氏。1月末、毎年恒例の新年交礼会を姫路市内のホテルで開いた。播州地域の政財界から多くの関係者が集まった会場で、まず披露されたのは二階氏からのメッセージだった。

 「兵庫県連との調整が終わるまで、便宜上、私の和歌山県連でお世話させてもらいますが、当然のことながら12区の代表ですので、さらなるご支援をお願いします」

 二階氏の言葉を神妙な面持ちで聞いていた山口氏はその後、壇上に立つと、得意とする外交政策を中心に熱弁を振るった。

 「私の理想は外務省の大先輩、吉田茂です。二階先生と力を合わせながら、世界の新たな秩序作りに努力したい。首相を目指すことは、そのなかで結果としてついてくることです」

 会場は拍手に包まれたが、出席したある自治体幹部は「吉田さんには仲間や腹心が多くいたが、山口さんに本当に信頼できる同志はいるのだろうか」と冷ややかな目を向けていた。

「産経WEST」のランキング