産経WEST

頭の中にドリルの破片2カ月 兵庫県立加古川医療センターで医療事故

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


頭の中にドリルの破片2カ月 兵庫県立加古川医療センターで医療事故

患者の頭部に破片が残されたものと同型のドリル刃

 兵庫県は20日、県立加古川医療センター(加古川市)で昨年9月下旬、くも膜下出血で搬送された神戸市内の60代女性への緊急手術で、頭蓋骨(ずがいこつ)を開く際に使用するドリルの付け替え刃の種類を間違え、折れた先端の破片(直径1・1ミリ、長さ約5ミリ)が頭の内部に約2カ月間残る医療事故があったと発表した。女性に後遺症はないという。

 県病院局によると、執刀した男性医師は骨を切るための刃(直径2・3ミリ)ではなく、細い穴を開けるための刃で頭蓋骨を切ろうとし、まもなくミスに気付き、正しい刃に付け替えて手術を続けた。

 女性に異常はなかったが、11月中旬、経過観察のため磁気共鳴画像装置(MRI)検査を行ったところ、頭蓋骨の内側に破片が付着しているのが判明。10日後に除去手術を行った。

 病院局は、医師と女性看護師が使用前に刃の確認を怠った▽看護師が誤使用の刃をすぐに廃棄したため、破損に気付かなかった-の2点が原因と認定。同センターは事故にかかわった医師と看護師計4人に口頭で厳重注意を行った。

「産経WEST」のランキング