産経WEST

【武術が開いたアクション道(1)】母のカンフー好き高じて3歳で武術太極拳の道場へ 女優 山本千尋さん

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【武術が開いたアクション道(1)】
母のカンフー好き高じて3歳で武術太極拳の道場へ 女優 山本千尋さん

アクション女優として第一歩を踏み出した山本千尋さん(南雲都撮影)

 --小学6年で世界ジュニア大会の槍術部門で金メダルを獲得しました

 山本 あの時は初めての国際大会で、挑戦のつもりだったんです。それで金メダル。「とっちゃった」という感じでした。大会では緊張するどころか、逆にわくわくして早く演武したくなる。本番向きの性格がよかったんですね。

 --負けず嫌いともうかがいましたが

 山本 自分の上に誰かがいることが嫌で、2位が一番悔しいんです。練習でも友達以上にがんばりたいので「友達が30回スクワットをしたら、私は倍をしてやろう」と。大会で負けた選手に勝つため家でもすごく練習しました。

 --剣や槍を使う演武も自宅で練習ですか

 山本 いえ、振り回すと家が壊れちゃいますから。走った後に近所の公園や河原で練習していました。散歩の人たちにあれこれ聞かれたこともありましたが、そのうち、みなさんがベンチに座って毎日見てくれるようになって。おかげで、いつも人前で演武しているような環境ができてしまいました。             

【プロフィル】山本千尋(やまもと・ちひろ) 平成8年8月、神戸市東灘区生まれ。芦屋学園高校3年。カンフー映画好きの母親に勧められて3歳から武術太極拳を始め、小学6年と高校1年の時に、世界ジュニア武術選手権大会の槍術部門で金メダル。武術を生かしたアクション女優を目指す中、26年6月公開の映画「太秦ライムライト」でヒロイン、伊賀さつき役に起用された。4月から東京の大学に進学予定。

このニュースの写真

  • 母のカンフー好き高じて3歳で武術太極拳の道場へ 女優 山本千尋さん
  • 母のカンフー好き高じて3歳で武術太極拳の道場へ 女優 山本千尋さん
  • 母のカンフー好き高じて3歳で武術太極拳の道場へ 女優 山本千尋さん
  • 母のカンフー好き高じて3歳で武術太極拳の道場へ 女優 山本千尋さん

「産経WEST」のランキング