産経WEST

異変!春呼ぶイカナゴ漁、過去最低の予想、産卵量は平年の1割か

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


異変!春呼ぶイカナゴ漁、過去最低の予想、産卵量は平年の1割か

 播磨灘と大阪湾の春の風物詩、イカナゴのシンコ(稚魚)漁の解禁を前に、県立農林水産技術総合センター水産技術センター(明石市)は、今年の漁況予報を発表した。播磨灘と大阪湾で「昨年、平年とも下回る」となり、昨年まで2年続いて不漁だった紀伊水道で「平年を下回り、昨年並み」と予測。比較できる昭和62年以降、過去最低の漁獲量となる可能性もあるという。

 同センターは昨年12月10~26日、県沖合では最大のイカナゴの産卵場として知られる播磨灘北東部の浅瀬「鹿(しか)の瀬水域」で親魚の採集調査を4回実施。

 その結果、1回当たりに獲れる数が平均27尾で、昨年の半分だった。親魚の平均全長は106・4ミリで、昨年の110・1ミリをやや下回った。これらのデータから、今年の産卵量の目安となる産卵量指数(1=62年の産卵量)は0・48で、平年(4・05)の1割程度だった。

 また、孵(ふ)化(か)した稚魚の分布量を1月下旬に各海域で調査したところ、1地点当たりの平均採集数は播磨灘で3・9尾(昨年は6・8尾)、大阪湾で9・9尾(同10尾)、紀伊水道が2・4尾(同1・7尾)。特に播磨灘は11地点のうち4地点が0尾だった。

 昨年も産卵量や稚魚の分布量は少なかったが、魚の成長を待って出漁を遅らせたため、大阪湾、播磨灘で平年並みの漁獲を確保した。今年は分布がさらに減り、産卵場である播磨灘西側「備讃瀬戸」の親魚の量も少なく、過去最低の漁獲量約3300トン(平成21年)をさらに下回る可能性が高いという。

 シンコ漁の解禁は、県内と大阪府の漁業関係者らが試験操業の結果などから時期を判断。例年は2月下旬に行われる。

「産経WEST」のランキング