産経WEST

【関西の議論】「日本一高い」京都の地下鉄運賃 経営「最悪」国がダメ出し…女子高生〝萌えキャラ〟の救世主登場

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
「日本一高い」京都の地下鉄運賃 経営「最悪」国がダメ出し…女子高生〝萌えキャラ〟の救世主登場

リメークされた「太秦萌」のデザイン。インターネット上で「かわいくなった」と評判だ(京都市交通局提供)

 初乗り運賃が210円と全国一高い京都市営地下鉄は、実は厳しい経営難に陥っている。烏丸線と東西線を建設する際にかかった建設費が重くのしかかっているのだ。ネックになったのは埋蔵文化財調査。トンネルを掘り進めるたび、文化財の調査が必要となり、想定より建設費が上積みされたという。財政健全化法に基づく経営健全化団体にも指定され、経営はいわばイエローカードを突き付けられた状態。この危機を乗り越えるためには利用客を増やすしかないと、市交通局が掲げた目標は「1日あたり5万人増」。オリジナルのキャンペーンキャラクター「太秦(うずまさ)萌」を誕生させるなど地道な取り組みを重ね、目標達成を目指している。(小川原咲)

1200年の都、掘るたび遺跡が…8500億円もの建設費

 慢性的な交通渋滞に悩んでいた京都市内。古都を南北に走る市営地下鉄烏丸線が昭和56年に北大路-京都間で営業を始め、順次延伸された。平成9年に東西線も開通すると、市内の交通環境は飛躍的に向上した。

 しかし、その建設には約8500億円という莫大(ばくだい)な費用がかかった。バブル期で建設費が高額となったことに加え、京都という土地柄ゆえに、トンネルを掘るたびにさまざまな遺跡にあたるケースが多く、文化財保護法に基づく埋蔵文化財の発掘調査を繰り返し行うことに。多額の負債もあり、運賃の設定が高めになったという。

 20年1月、烏丸、東西両線の路線が現行の状態になり、市交通局は4月からの20年度の年間利用客数を約38万人と見込んだ。しかし実際は約32万人と想定を大幅に下回り、経営がさらに悪化することになった。

日本一の経営難…そこで作戦「和装で無料」「アニマル駅長選挙」「階段ダイエット」…

このニュースの写真

  • 「日本一高い」京都の地下鉄運賃 経営「最悪」国がダメ出し…女子高生〝萌えキャラ〟の救世主登場
  • 「日本一高い」京都の地下鉄運賃 経営「最悪」国がダメ出し…女子高生〝萌えキャラ〟の救世主登場
  • 「日本一高い」京都の地下鉄運賃 経営「最悪」国がダメ出し…女子高生〝萌えキャラ〟の救世主登場
  • 「日本一高い」京都の地下鉄運賃 経営「最悪」国がダメ出し…女子高生〝萌えキャラ〟の救世主登場

「産経WEST」のランキング