産経WEST

エリーも泣いた NHK連ドラ「マッサン」のスタジオ撮影が終了

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


エリーも泣いた NHK連ドラ「マッサン」のスタジオ撮影が終了

NHK朝ドラ「マッサン」スタジオ収録クランクアップ。クランクアップ後に涙を浮かべながらあいさつをするシャーロット・ケイト・フォックスさん=19日午後8時5分、大阪市中央区(安元雄太撮影)

 NHKの連続テレビ小説「マッサン」のスタジオ撮影が19日、大阪市中央区の大阪放送局で終了し、主演の玉山鉄二さん(34)とシャーロット・ケイト・フォックスさん(29)が共演者やスタッフに感謝の言葉を述べた。

 この日は夫婦2人で最期のときを過ごし、玉山さん演じるマッサンがシャーロットさん演じるエリーを看取るシーンを収録。撮影された映像をモニターで確認し終えた2人は、涙を流して抱き合った。その後、くす玉が割られ、花束が贈られた。

 玉山さんは「愛があふれたすばらしい現場でした」とあいさつ。シャーロットさんは「感謝の気持ちで体中あふれています」と笑顔で話した。

 昨年5月に始まった撮影は、今後、北海道余市町などでのロケで終了。最終回は3月28日に放送される。

このニュースの写真

  • エリーも泣いた NHK連ドラ「マッサン」のスタジオ撮影が終了
  • エリーも泣いた NHK連ドラ「マッサン」のスタジオ撮影が終了
  • エリーも泣いた NHK連ドラ「マッサン」のスタジオ撮影が終了
  • エリーも泣いた NHK連ドラ「マッサン」のスタジオ撮影が終了
  • エリーも泣いた NHK連ドラ「マッサン」のスタジオ撮影が終了

「産経WEST」のランキング