産経WEST

【訃報】元日本将棋連盟会長の丸田祐三氏が死去

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【訃報】
元日本将棋連盟会長の丸田祐三氏が死去

丸田祐三九段

 丸田祐三氏(まるた・ゆうぞう=将棋棋士九段、元日本将棋連盟会長)17日、多臓器不全による肺炎のため死去、95歳。葬儀・告別式などの日取りは未定。喪主は長男で写真家、祥三(しょうぞう)氏。

 長野市出身。昭和15年、召集されて軍隊生活を送り、復員後の21年、四段に昇格。翌年、三段跳びの特進で七段に上がり、23年には八段となった。2年で四段から八段への昇段は当時のスピード記録。タイトル戦登場4回、A級には通算24期在籍した。歩を巧みに使うことから「小太刀の名手」といわれた。

 昭和44~48年に日本将棋連盟会長を務めるなどし、現在の棋士の給与体系や順位戦制度の基礎を作った。昭和56年に藍綬褒章、平成7年に勲四等旭日小綬章。8年、現役最年長記録の77歳で引退した。

「産経WEST」のランキング