産経WEST

眼鏡かけずに「のぞみ」運転 新大阪―東京間 運転士、休憩室に置き忘れ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


眼鏡かけずに「のぞみ」運転 新大阪―東京間 運転士、休憩室に置き忘れ

 JR東海は31日、東海道新幹線の男性運転士(57)が視力矯正用の眼鏡をかけずに新大阪-東京間を2時間半にわたり運転したと発表した。列車の遅れなどはなかった。

 同社によると、この運転士は新大阪駅近くの休憩室に眼鏡を置き忘れ、30日午後7時30分新大阪発の「のぞみ184号」を東京まで運転した。別の社員が置き忘れた眼鏡に気づき発覚。運転士は「発車時刻が迫り、気が焦ってしまった」と話しているという。

 新幹線の運転には両目の矯正視力1・0以上が必要。運転士は日常生活では眼鏡を使用しておらず、平成20年ごろから運転時のみ眼鏡をかけていた。JR東海は関東運輸局と近畿運輸局に報告し、「厳正に対処するとともに、指導を徹底し再発防止に努める」とコメントした。

「産経WEST」のランキング