産経WEST

【西論】「“中韓に期待”外交」の愚…日本の「行くべき道」は神話に学ぼう

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【西論】
「“中韓に期待”外交」の愚…日本の「行くべき道」は神話に学ぼう

狭野神社に伝わる神武天皇の画

 初詣。手水舎で手や口をすすぐ。左手から右手、そして口の順で、さらに左手を清め、柄杓の柄を洗い流して元に戻す。

 この一連の流れは、黄泉(よみ)の国から帰ったイザナキノミコトが行った禊(みそぎ)を略式化したものだ。この禊からは天照大御神(あまてらすおおみかみ)や須佐之男命(すさのおのみこと)ら三貴子が生まれた。禊は、誕生や再生の力をいただくものなのである。

 「水に流す」という日本人の知恵もここから生まれた。災いや恨みごとに区切りをつけ、生まれ変わったような清新な心と体で、新たな月日を迎える。

 再生の知恵は、日本人の潔さを生んだ。好例は昨年、御嶽山の行方不明者捜索を秋の深まりとともに打ち切った際の家族の対応だろう。慰霊の花束をささげ、春に迎えに来ると誓い、警察や消防、自衛隊などの捜索隊に深い謝意を示して下山した。寝泊まりしていた公共施設にこれ以上迷惑をかけたくなかった、と言う家族もいた。

 これがお隣の国、韓国ならどうだろうかと考える。旅客船セウォル号の沈没事故で、行方不明者の捜索中止が決まったのが約7カ月後の昨年11月。行方不明者9人の家族は抗議し、待機場所の体育館で寝泊まりを続けた。地元から明け渡しを求める声が出ているにもかかわらず、である。「怨」のお国柄そのものの反応だった。

■長子尊重と末子尊重…“源流”違えば気質も異なる

 「一衣帯水」

 中国・韓国と日本をそういう関係だと言い、東アジア共同体構想なるものを唱えた首相が、かつていた。果たしてそうか。古代日本から伝わる神話や価値観、文化や習慣から見れば、答えは否である。

兄ウミサチ、弟ヤマサチ…神話は暗示する「“甘ちゃん”外交の愚」

このニュースの写真

  • 「“中韓に期待”外交」の愚…日本の「行くべき道」は神話に学ぼう
  • 「“中韓に期待”外交」の愚…日本の「行くべき道」は神話に学ぼう
  • 「“中韓に期待”外交」の愚…日本の「行くべき道」は神話に学ぼう
  • 「“中韓に期待”外交」の愚…日本の「行くべき道」は神話に学ぼう

関連トピックス

「産経WEST」のランキング