産経WEST

【エンタメよもやま話】任天堂バーチャルボーイに並ぶ黒歴史…グーグルグラス、安らかに眠れ 「世界を変える」「夢のIT」が抹殺された理由

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【エンタメよもやま話】
任天堂バーチャルボーイに並ぶ黒歴史…グーグルグラス、安らかに眠れ 「世界を変える」「夢のIT」が抹殺された理由

華々しく登場したものの、盗撮による個人のプライバシー侵害リスクなどにさらされ、テスト版が発売中止となったグーグルグラス…(AP)

 さて、今週のエンターテインメントは久々となるIT(情報技術)関連の話題です。

 ご存じの方も多いと思いますが、あの米グーグルが2012年、眼鏡型の端末「グーグルグラス」というものを発表しました。右目の部分に仕込んだディスプレーがネットの画面になっていて、現実世界とネットの世界を同時体験できると脚光を浴びた夢のIT機器です。

 行きたい場所を声に出すと、眼前のディスプレーに自分が今居る場所から目的地までの地図(グーグルマップ)が一瞬で表示されるほか、音声操作で自分が目にしている風景を動画で録画したり、電子メールの送受信ができたりします。

 米国で2013年からテスト版の製品が1500ドル(約17万円)で販売中でしたが、テスト版ではない完全な商品の発売を待つ声も多かったように思います。

 さらにこの製品の登場以降、米アップルは昨秋、腕時計型の端末「Apple Watch(アップルウオッチ)」を今春に発売すると発表するなど、身に付ける「ウエアラブル端末」が今後、スマートフォン(高機能端末)並みの巨大市場を生み出すと期待されていました。

 だがしかし。グーグルは19日でこのグーグルグラス(通称=グラス・エクスプローラー・プログラム)の発売を中止したのです。グーグル側は「今後も研究開発は続けます」とのコメントを発表しましたが、それなら販売をわざわざ中止する必要はありません。

 つまり“こんな商品、売れやしない”というわけで、市場から葬り去ったのです。夢のIT機器ともてはやされたグーグルグラスがなぜ早々と葬り去られたのか。今回はこの一件についてご説明いたします。

着用者は、「眼鏡ドアホ」と呼ばれ嘲笑され…

 発売中止のニュースは、15日付で米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)や英紙デーリー・テレグラフ(いずれも電子版)など、欧米主要メディアが一斉に伝えました。

 グーグル側は公式サイトで「グーグルグラスはまだ幼年期で、皆さんが最初の1歩を踏み出すことでわれわれに歩き方を教えてくれた」と顧客への感謝の意を示したうえで、グラス部門はグーグルXから「卒業」すると表現しました。

 しかし、前述したように、グーグル側は研究開発の継続は続けると明言したものの、正式版はもちろん、次のテスト版の発売時期すら明らかにせず、グーグルグラスの研究開発部門も、自動運転車といった次世代技術の開発を一手に担う「グーグルX」から分離するといいます。

爆沈3原因…鶏と卵、ゲームするアプリ無く…もっとも致命的な「プライバシー侵害」

このニュースの写真

  • 任天堂バーチャルボーイに並ぶ黒歴史…グーグルグラス、安らかに眠れ 「世界を変える」「夢のIT」が抹殺された理由

「産経WEST」のランキング