産経WEST

「風俗店の女性に使った」大阪市交通局元職員 組合費840万円着服で逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「風俗店の女性に使った」大阪市交通局元職員 組合費840万円着服で逮捕

 大阪市交通局の労働組合の活動費約840万円を着服したとして、住之江署が業務上横領容疑で、元市交通局職員(依願退職)で大阪交通労働組合車両南支部の元副支部長、泉川裕章被告(49)=公判中=を逮捕し、同罪などで大阪地検が起訴していたことが26日、分かった。

 起訴状によると、泉川被告は同支部の会計責任者だった平成20年3~12月、10回にわたり組合の活動費計約840万円を口座から引き出し、着服したとされる。同署の調べに「風俗店の女性のために使った」などと話したという。

 21年7月、口座の残金約4千万円が不足していることが判明し、組合が同年9月に告訴。同署が昨年6月、泉川被告を逮捕した。

「産経WEST」のランキング