産経WEST

京都府宇治市議、不倫ドロ沼裁判 妻子いるのに婚活サイトで…相手女性は妊娠、出産

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


京都府宇治市議、不倫ドロ沼裁判 妻子いるのに婚活サイトで…相手女性は妊娠、出産

金ケ崎秀明市議

 12年12月になって、友人から市議の自宅に行ったことがないことを「おかしい」と指摘され、自宅に確認に行くと、市議が離婚していないことが判明。13年4月には市議との間に長男が生まれたが、その後、一方的に婚約を破棄されたとしている。

 市議の不倫騒動は13年6月に発覚。市議会の市民環境常任委員会副委員長を辞任し、自民党市議団から離脱した。市議会では「(婚活)サイトの趣旨を深く理解できず、女性と交流を持つことになったことを深く反省しています」と謝罪しながらも、詳細な説明を避け「汗をかいて活動をする」として議員を続ける考えを示していた。

 女性はその後、連絡を絶った市議に対し、「きわめて無責任で悪質かつ不誠実」として慰謝料や出産費用の一部など140万円の支払いを求め、昨年10月、提訴。京都地裁で係争中だ。

 女性は取材に対し「このままでは将来、子供に父親のことをどう説明すればいいのかわからない」と訴えている。

「産経WEST」のランキング