産経WEST

京都府宇治市議、不倫ドロ沼裁判 妻子いるのに婚活サイトで…相手女性は妊娠、出産

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


京都府宇治市議、不倫ドロ沼裁判 妻子いるのに婚活サイトで…相手女性は妊娠、出産

金ケ崎秀明市議

 京都府宇治市の金ケ崎秀明市議(44)=無所属=が妻子がいるにもかかわらず、婚活サイトで出会った30代女性と繰り広げた不倫騒動がついに裁判沙汰に発展した。市議会でも追及されたが、事態は収まらず、相手の女性が婚約を破棄したとして慰謝料など140万円を求めて提訴したのだ。市議には政務活動費の不正支出疑惑もあり、地方議員のデタラメさがまたまた露呈した格好だ。(zakzak

 事の発端は市議が初の市議選でトップ当選を果たしてから5カ月後の2011年9月にさかのぼる。

 訴状によると、女性は当時、夫と離婚協議中に再婚相手を探すため、再婚希望者向けの婚活サイトに登録したところ、まもなく市議からメッセージを寄せられたという。

 2人の娘を持つ女性はプロフィルで市議の安定した収入などに魅力を感じ、メールアドレスを交換。同年11月に面会し、「妻がダンプカーの運転手と不倫し、離婚した」と明かされて、交際するようになった。その後も熱烈にプロポーズされ、夫と離婚を成立させた。

「産経WEST」のランキング