産経WEST

【大阪国際女子マラソン】永尾「沿道の力をもらって走りたい」2年ぶりマラソンに挑む

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大阪国際女子マラソン】
永尾「沿道の力をもらって走りたい」2年ぶりマラソンに挑む

 初めて浪速路に臨む永尾はこの日朝、大阪城公園近くの選手村から折り返しまでを下見。2日間かけてコース全体を視察したといい「曲がり角が多いので気持ちを切り替えやすそう。25キロ~30キロでレースが動くと思うので、乗り遅れないようにしたい」とイメージを膨らませた。

 フルマラソンは途中棄権した2013年の名古屋ウィメンズ以来。時間をかけて準備してきただけに「そこそこ走れる目安を持っている。結果を出したい」。徳之島(鹿児島)にある1周約31キロのコースでは、高橋尚子さんと遜色ないタイムで走破。自信の裏付けはそこにある。

 4年前、道頓堀の折り返し付近でチームメートを応援した経験がある。「(沿道が)すごく盛り上がっていて楽しそうだった。力をもらって走れたら」。ワクワク感と確かな手応えを持ち、約2年ぶりとなる42・195キロに挑む。(細井伸彦)

「産経WEST」のランキング