産経WEST

4K競争激化 中韓参入で価格下落、「8K並み」で起死回生狙うシャープ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


4K競争激化 中韓参入で価格下落、「8K並み」で起死回生狙うシャープ

ボーナス商戦で注目を集めている高機能商品。ビックカメラなんば店の4Kテレビ売場

 シャープがテレビ事業で柱の一つに据えていた「4K」を含めて減産を余儀なくされた。4Kテレビは先行するソニーをシャープなどが追いかける日本勢中心の展開だったが、中国・韓国メーカーが相次いで参入し、急激に価格下落が進む。シャープは超高画質の「8K」並みにした4Kテレビを年内にも投入し起死回生を図るが、性能向上と価格下落のいたちごっこが続いている。(藤原直樹、織田淳嗣)

 米調査会社NPDディスプレイサーチによると、世界の4Kテレビの需要は2013年が160万台だったのに対し、14年は1230万台まで成長。15年には2990万台まで拡大することが見込まれている。

 当初はソニーやシャープなど日本勢が先行していたが、昨年から低価格を武器に中韓メーカーが台頭し価格下落が進んでいる。当初は50インチで50万円程度だったのが、最近では20万円程度の機種も出てきている。

 特に中国メーカーは、フルハイビジョンの映像を高精細化する「アップコンバート」という技術を用いないことで大幅な安価を実現。市場規模の大きい北米や中国で存在感を増し、日本勢の脅威となっている。

 性能を高めてもすぐに価格下落が進むため、収益改善の難しいテレビ事業。シャープだけでなく、パナソニック、東芝など日本勢の多くが赤字に苦しむ。

 各社とも立て直しが急務な中、シャープは今月上旬に米ラスベガスで開かれた家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」で、4Kパネルを使用しながら4Kよりさらに4倍の画素数の8Kに匹敵する画質を実現したテレビを発表した。

 水嶋繁光副社長は「ブランド復活の切り札にしたい」と強調するが、想定価格は80インチで100万円程度と4Kテレビとしては高価。通常の4Kテレビの価格が下落する中、画質の差が消費者に受け入れられるかどうかは不透明だ。

 シャープは5月に発表予定の新中期経営計画でテレビ事業の抜本的な改善策を打ち出すが、4Kテレビの競争激化が影を落としている。

「産経WEST」のランキング