産経WEST

【大阪国際女子マラソン・注目選手(5)】田山絵理(大東文化大) 双子の妹と切磋琢磨 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大阪国際女子マラソン・注目選手(5)】
田山絵理(大東文化大) 双子の妹と切磋琢磨 

 「学生のうちにマラソンを走ってみたい」。好奇心を内に秘めていた。

 思いが膨らんだきっかけは、前回大会で4位入賞した前田彩里(ダイハツ、当時佛教大)だ。高校時代、合同合宿で顔なじみになった間柄とあって「知っている先輩なので身近に感じられた。学生にもできるんだ、と自信にもなった」。昨秋、外園隆監督から打診されると、未知の距離への挑戦を決めた。

 駅伝の名門、鹿児島・神村学園高出身。双子の妹、満理と切磋琢磨(せっさたくま)し、力をつけてきた。「どちらかが結果を出すと、自分も追いつかなきゃと思って頑張れる」。双子の強みをそう語る。1年生でメンバー入りした妹と競い合い、2、3年時には主力として全国高校駅伝に出場。2年連続の4位入賞に貢献した。

 「新しいチーム。自分たちで歴史をつくっていこう」。外園監督の言葉に魅力を感じ、姉妹そろって当時創部2年目だった大東文化大に進学。昨春の日本学生女子ハーフマラソンでは、「ネクスト ヒロイン」枠で今大会に出場する奥野有紀子(京産大)とタイム差なしの2位に。駅伝でも場数を踏み、学生トップレベルの長距離ランナーへと成長を遂げた。

「産経WEST」のランキング