産経WEST

【大阪国際女子マラソン】ネクストヒロインも選手村へ 城戸「目標だったマラソン、うれしい」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大阪国際女子マラソン】
ネクストヒロインも選手村へ 城戸「目標だったマラソン、うれしい」

 25日に行われる「第34回大阪国際女子マラソン」(産経新聞社など主催、日東電工協賛)で大会3連覇を目指すタチアナ・ガメラ(ウクライナ)や新設された「ネクスト ヒロイン」枠で出場する城戸智恵子(キヤノンAC九州)ら有力選手が22日、続々とホテルニューオータニ大阪の選手村に入村し、本番ムードが高まってきた。

 城戸は実業団6年目での初マラソン。年末年始は合宿所のある大分県を拠点にじっくりと調整を積んできた。「けがもなく、練習ができていると思う。マラソンは目標だったのでうれしい」と気持ちを高ぶらせた。

 昨年末には起伏のあるコースで45キロの距離走を2回行うなど、初マラソンに向けた準備は重ねてきた。本人は「2時間27分を目安にしたい」と話すが、衛藤道夫監督からは「25分を目標にしていこう」とも声をかけられているという。

 高校卒業後は、1年間のアルバイト生活をへて実業団に入った経緯がある。「入ったころはマラソンを走るなんて思ってもいなかった。監督にはここまで成長させてもらった」と話し、恩返しのレースを誓った。(丸山和郎)

「産経WEST」のランキング