産経WEST

「転売すればもうかる」 フィリピンのコンドミニアム会員権で投資詐欺、投資会社員ら4人を逮捕 兵庫県警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「転売すればもうかる」 フィリピンのコンドミニアム会員権で投資詐欺、投資会社員ら4人を逮捕 兵庫県警

 フィリピンにあるコンドミニアムの会員権をめぐる架空の投資話を持ちかけ、多額の金をだまし取ったとして、兵庫県警が詐欺容疑で、大阪市西区の不動産会社員の男ら4人を逮捕したことが22日、捜査関係者への取材で分かった。高齢者数十人が総額数千万円の被害に遭ったとみられる。

 捜査関係者によると、男らは共謀し、平成26年までの数年間、兵庫県内外の高齢者数人に「コンドミニアムの会員権を購入し、転売すればもうかる」と架空の投資話を持ちかけ、会員権を1口百数十万円で販売。計数百万円をだまし取った疑いが持たれている。

 捜査関係者によると、男らは、別会社名義でパンフレットを被害者宅に送った後、「このパンフレットが届いた人しか買えない」「会員権の購入希望者は多く、後に高額で買い取ってくれる」ともうけ話を信じ込ませて勧誘。後日、家を訪れて会員権を購入させていた。男らは退職して貯蓄が多そうな高齢者を狙い、被害者に金が返った例はほとんどなかったという。

 男らがコンドミニアムを所有していたことを示す書類は見つかっておらず、実体はなかったとみられる。

「産経WEST」のランキング