産経WEST

【陸上】初優勝の埼玉…箱根駅伝の先輩へのあこがれ、中高の強化が実を結ぶ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【陸上】
初優勝の埼玉…箱根駅伝の先輩へのあこがれ、中高の強化が実を結ぶ

全国都道府県対抗男子駅伝で初優勝を決めた埼玉のアンカー・服部翔大=広島・平和記念公園

 両手を天に突き上げ、誇らしくゴールテープを切った。2年連続で埼玉のアンカーを任された服部は開口一番、「逃げ切ったー。気持ちいい」と安堵の笑み。昨年は2位だっただけに、初の戴冠の喜びは大きかった。

 服部は2年前の箱根駅伝で、日体大の主将として山登りの5区で区間賞を獲得。この日3区を走った設楽悠太(ホンダ)とともに、中高生にとってはあこがれの選手だ。ただ、服部は「中高生が作ってくれた貯金を守るだけだった」と話す。2区の中学生、橋本と4区の高校生、小山が区間賞の走りで中盤までに流れを作った。

 以前から上位常連ではあったが、なかなか優勝には手が届かず、服部らが高校3年だった6年前から大会に向けた強化に着手した。夏に候補選手を集めた合宿を開始し、中高の連携強化を図ったほか、大会前にはコースの試走もきっちりと行うようになった。

 先輩が積極的に後輩に声をかけるのも当時からの伝統だ。4区の小山は「服部さんから『ラスト1キロが大事だ』といわれていわれていたので、ギアを切り替えられた」と話す。チーム一丸の勝利で歓喜の輪が広がった。(丸山和郎)

「産経WEST」のランキング